Products
製品

台湾製 SMタイプ アルミ 輻射型省エネ保持炉

Taiwan-made SM-Type Aluminum Electric Radiant Roof Holding Furnace

省エネ、金属溶湯の品質維持、現場環境の改善などが有効的に達成できます。また、坩堝(るつぼ)を設置する必要がないため、便利で安全な作業環境が実現できます。

【特長】

SMタイプの保持炉は、None-Wetting耐火材質に加えて、緻密に計算された厚みの断熱ブレードを採用しており、保持炉表面の熱消耗と熱放射を低減できます。これにより、省エネ、金属溶湯の品質維持、現場環境の改善などが有効的に達成できます。また、坩堝(るつぼ)を設置する必要がないため、便利で安全な作業環境が実現できます。

  • 燃料コストを低減
    500 kgの金属溶湯を保持する際、消耗電力は約3.0 Kw/hです。作業時は約6.0 kw/hになります。
  • 炉体の寿命が長い
    溶解炉内側の壁は特殊な耐火材料をコーディングしており、酸化物の吸着を低減して、メンテナンスや清掃する際にかける時間やコストを削減できます。また、溶湯温度と炉体温度の制御を採用しているのでSCR制御を使用でき、金属溶湯の品質管理をより安定的に制御できます。
  • メンテナンスが便利
    炉内の酸化物除去やヒーター交換がより簡単に行える、空気圧式リフトアップリッドを採用しています。