Products
製品

STOTEK SMGT/SMGSシリーズ アルミニウム ガス加熱式シャフト炉

STOTEK SMGT/SMGS-series Aluminium Shaft Furnace

STÖTEKによる省エネルギーのアルミニウムガス加熱式シャフト炉(Shaft Furnace)は、環境と安全のための最良の投資であり、お客様にとって最適な選択です。

【製品紹介】

STØTEK SMGT & SMGS gas fired Shaft furnace ガス加熱式シャフト炉は全自動ダブルチャンバー式の溶解・保持炉です。SMGTシリーズは、500~3,000 kg/h溶解能力と、保持容量1,500 ~ 12,000kgを備えています。

金属溶湯を簡単かつ安全に収集できる油圧式傾斜装置を標準装備しています。

STØTEKガス加熱式シャフト炉は、非常に堅牢なスチールシャーシ(Chassis steel)で、炉内に高品質の耐火材料を採用しているため、長い耐用年数を実現しています。

===================================

保持チャンバーと溶解チャンバーのバーナーシステムでは、良いエネルギー効率を実現するため、独立した個別のシステムを採用します。また、保持チャンバーのバーナーでは、金属溶湯の表面に直接にガスバーナー炎を当たらないフラットフレームバーナー方式(Flat flame burner type)を採用すめ、最適な保持効果を得られる以外、溶湯の焼損を低減できます。

また、SMGTガス加熱式シャフト炉はは、シャフト熔解チャンバーをより効率的な動作をできるため、全自動チャージシステムを搭載されています。

STØTEKは溶解速度と比べ、2~3倍の保持容量を持つシャフト炉を推奨しているのは、高品質な溶湯とより柔軟で運用できるからです。また、それにより、保持チャンバーの溶湯温度をより正確に保持できます。

STØTEKガス加熱式シャフト炉は他の機種も提供できる;
SMGSシャフト炉では、タップコンか(Tap Cone)ディップウェル(Dip wells)を付き、金型のスリーブへ直接に給湯できる給湯ポンプを設置することが可能です。

【特長】

  • 保持容量 1,500 ~ 12,000 kg
  • 溶解効率 500 ~ 3,000 kg/h
  • バーナー炎は溶湯に接触しないため、保持チャンバーでの溶湯品質が高く、溶湯の焼損も最小限に抑える
  • 油圧式傾斜装置を標準搭載されている
  • 自動化チャージシステム
  • 精密な溶湯温度制御
  • 人体工学に基づいたデザイン|清掃とメンテナンスをよりやりやすく
  • 低いエネルギー消費
  • 効率的な特殊バーナーシステムを採用
  • メンテナンスコストを最小限に抑える
  • 現地でのカスタマーサポート

【参考動画】