Products
製品

STOTEK Dosotherm DTEシリーズ アルミニウム 定量給湯炉

STOTEK Dosotherm DTE-series Aluminium Dosing Furnace

STÖTEKによる省エネルギーのアルミニウム定量給湯炉(Aluminium Dosing Furnace)は、環境と安全のための最良の投資であり、お客様にとって最適な選択です。

【製品紹介】

Dosotherm® DTEシリーズは、独自開発した定量給湯システム(特許登録済)により、セラミックドージングユニットのみに加圧して金属溶湯を供給する高効率の定量給湯炉です。

DTEシリーズの定量給湯技術は、高品質のアルミニウム部品の生産に適しており、自動車産業や構造部品などの生産に採用されています。

定量給湯炉は保護気体(不活性ガス)と低いエネルギー消費によって最高の溶湯品質を提供し、給湯精度は±1%以上を実現できます。

効果的なプロセス|サイクル/給湯時間の短縮、生産中の定量給湯炉へのインゴット供給と清掃、新設計の高性能PLC制御システムにより、計画外の生産停止を削減し、生産効率を最大化します。

また、窒素とアルゴンを圧力媒体として使用するため、とてもクリーンな溶湯を維持することができます。

そのほか、これらの利点により、運用のトータルコストを40%~80%に削減できます。

【特長】

  • 構造部品などの高品質アルミニウムの生産に最適な環境を提供
  • 給湯精度±1%以上
  • より早い給湯。サイクルタイムを50%ほど短縮
  • エネルギー消耗とCO2の排出を約40%~80%以上削減(年間3,500,000 ~ 20,000,000ユーロを節約可)
  • 高性能な制御システムにより生産効率を向上させ、生産停止を低減
  • 溶湯の温度精度は± 1℃
  • 給湯用のエアーの消費量が非常に少ない
  • 年間で最大50%のメンテナンス代を低減
  • 給湯ポンプにフィルターを設置すると、溶湯品質を向上できる
  • 低い給湯位置で安全性を向上し、スリープと同じ高さかそれ以下に調整することが可能
  • 現地でのカスタマーサポート提供
  • オプション:脱ガス石と給湯用保護ガスを運用することが可能

【参考動画】