Products
製品

Peisun 北杉化学 鉱物性作動油

Peisun Chemical Lubricant refined from paraffin oil

鉱物性作動油(Lubricant refined from paraffin oil )は油圧作動油の一種で、油圧バルブでエネルギーを油圧シリンダーかモーターに傳える媒介です。

【製品特長】

鉱物性作動油(Lubricant refined from paraffin oil )は油圧作動油の一種で、油圧バルブでエネルギーを油圧シリンダーかモーターに傳える媒介です。
油圧設備の精密性を維持と正確で安定な稼働できるのため、潤滑性以外に、防錆性、安定性などの性能が必要になります。
※ダイカストマシンの作動油では、要求された粘度(Viscosity)は46になります。

【用途】

  • 作動油 Rシリーズ
    設備の循環システムに適する

    • パラフィン系ベースオイルを配合した高品質循環油
    • 複合添加剤を配合し、耐摩耗性、防錆性、抗乳化性、抗酸化性並びに対泡性を有する
  • 耐摩耗作動油 AWシリーズ
    高級ベースオイルと特殊の添加剤を配合することによって、各種油圧設備に適する。

    • 優れた抗酸化性及び耐熱性を有し、油劣化に伴う酸化劣化物(スラッジ)発生を抑制し、設備の清潔性並びにフィルター寿命の向上にも効果をもたらす
    • 優れた抗磨耗性を有し、磨耗を抑える効果を発揮
    • 優れた抗乳化性及び水分離性を有し、設備への保護に有効
    • 優れた耐泡性を持ち、泡発生を抑える
    • 優れた水分分解性を有し、高湿度環境下での設備への影響を軽減