News
ダイカスト技術

ダイカスト技術:給湯精度とショット重量(Shot weight)良品率の関係

2023-07-04

ダイカスト技術:給湯精度とショット重量(Shot weight)良品率の関係

壓鑄技術, 压铸技术, die-casting technology, ダイカスト技術,

業界の中では、エンジニアにとって鋳造品の良品率の維持と向上は最大の課題です。ただ、テクノロジーの進化と技術の工場により、学者達はダイカスト技術にある法則性を見つけ、それは「給湯精度=ショット重量(Shot weight)=良品率」です。

ところで、なんて給湯精度ショット重量(Shot weight)良品率に関わり、または正比例関係でしょうか?それは下にまとめた内容で、安定したショット重量(Shot weight)により、ダイカスト生産にもたらすいくつかの利点を紹介します。

安定したショット重量(Shot weight)によるものは?】

  • 安定した製品品質

    ショット重量(Shot weight)はダイカスト内に注入される金属の量により、最終製品の重量とサイズを決定します。 仮にショット重量が不安定な場合は、鋳造物のサイズや重量にばらつきが生じ、製品品質が低下し、不良率が上昇する可能性があります。

  • 生産工程の予測可能性が高い

    安定したショット重量(Shot weight)は、ダイカスト工程をより、予測も制御もしやすくになります。 ショット重量を維持することで、射出圧力サイクルタイムなどのプロセスパラメーターを最適化し、より正確に設定することができ、より安定した生産につながります。

  • スクラップや再加工コストの削減

    安定したショット重量(Shot weight)により、不良品の発生率を抑えるため、スクラップや再加工の必要性が減少し、時間と材料のコストを削減できます。

  • 産出率と生産効率の向上

    安定した重量の製品を生産することで、産出率と生産効率が向上できます。それによりダイカスト工程が最大限の能力を維持し、サイクルタイムが短縮され、生産性が向上します。

まとめると。安定したショット重量(Shot weight)は、ダイカスト製造において、一貫した品質を確保し、生産工程の予測可能性を向上させ、スクラップや再加工のコストを削減し、産出率と生産効率を向上させるために不可欠な要素です。

 

【実際事例】

下のStotekドージング炉とToyoダイカストマシン生産記録の画面から見ると、生産する際にビスケット(Biscuit)の厚みはとても安定しており、給湯の供給量通常より少ないにもかかわらず、その厚みは従来の自動給湯装置より完全に優れています。
ダイカスト鋳造では、変動するすべての条件をいかに安定させるかがとても重要であり、給湯温度供給量スリーブ温度ショット冷却時間などの鋳造条件をどのショットでもそれを維持できるよう、細心に管理する必要があります。 もし、はじめから設備条件が良くなく、例え給湯精度が±3%以上の場合は、炉の温度を±3度以内に制御できなければ、生産された鋳造品の品質が維持できません。
東洋壓鑄機, stotek, 壓鑄溶解爐, 壓鑄節能, 壓鑄工藝, 壓鑄技術, 鋁合金溶解爐, 給湯精度, 定量爐, 壓鑄數據, ダイカスト

【参考動画】

【関連製品】

喜歡這篇文章嗎?歡迎分享至社群網站